長期的な目線で考える!矯正歯科で使用するブラケットを慎重に選ぶ

歯医者

骨密度が低くても

歯医者

インプラント治療を受ける際には、骨密度のことを気にしてしまいますね。確かに、インプラント治療を受ける際には、顎骨が丈夫であることに越したことはありません。比較的部品を埋め込みやすく、人工歯を設置した後でもひび割れを起こすことがないので、しっかりと固定されたままとなります。しかし、骨粗しょう症患者は一般の人よりも骨自体がもろくなっているので、部品を取り付けるのが難しいと感じてしまいます。仮にうまく部品を取り付けられたとしても、日々の生活をおくる中で顎骨にひびが入ってしまい崩壊を引き起こす可能性も考えられます。そのため、骨粗しょう症患者は、インプラントの治療をあきらめざるを得ないという人が多かったのでしょう。しかし、近年では骨密度が低くても問題なく治療が可能になってきています。京都にあるクリニックでは、骨粗しょう症患者でも治療が受けられるところがあります。骨密度が弱かったからといってあきらめるのは、まだ早いです。京都のクリニックを訪れて、インプラント設置の相談をしてみましょう。

京都にあるクリニックでは、インプラント治療で骨粗しょう症患者に対しては長めの治療期間を設けています。インプラントと骨が結合するのに、半年近くはかかる可能性があるからです。長期的に治療期間を設けることによって、しっかりと部品を固定できて、再びかみしめられる喜びを得られるようにしているのです。しかも、骨密度が低い患者に対しての治療を多くこなしてきた実績があるので、京都のクリニックは頼りになると感じられるでしょう。